東京メトロ沿線で税理士を探す

安心の経営は良き税理士との出会いから!あなたのお近くの良い税理士を探しましょう!

税理士をつけるメリットA

税理士/業務・メリット・節税 贈与税・相続税に関する相談

贈与税とは、財産の贈与を受けた者が1月1日から12月31日までの1年間で譲り受けた財産に対して課税される税金です。
【対象となる財産贈与】
(1)生命保険(保険金の受取人以外の人が保険料を負担していた場合)
(2)低額譲渡(著しく低い価格で財産の譲り渡しが行なわれた場合)
(3)債務免除等(対価を支払わず、或いは著しく低い価格で債務免除を受けた場合)
(4)定期金(定期金の受取人以外の人が掛け金を負担していた場合)
【対象とならない財産贈与】
(1)法人からの贈与により取得した財産(所得税の対象になります)
(2)親が子に対して与える通常必要と認められる生活費、教育費
(3)社会通念上相当と認められる個人が受ける香典、花代、年末年始の贈答
(4)相続で財産を取得した人が同年に亡くなり、その財産を贈与された場合(相続税の対象になります)
相続税とは、被相続人(亡くなった方)から、被相続人の親族など(相続人)が遺産として譲り受けた財産に対して課税される税金です。
突然、身内の死亡により予期せぬ相続税が発生する場合が多くあります。
「うちには財産なんてないから関係ない」と思っている方が多いですが、相続税の対象財産は以下が該当します。
(1)預貯金
(2)不動産
(3)有価証券
(4)生命保険
(5)死亡退職金 など
不動産や有価証券は相続税計算によって高い評価額となれば、相続税が想像以上の高額になることがあります。
普段より、どういった財産が対象になるか把握しておく必要があります。

税理士/業務・メリット・節税 保険・株などの資産運用の相談

生命保険など一度契約してから一切の見直しをしていない、知り合い知人からの勧めで保険契約し、内容を良く理解していなまま支払いを続けているなどいう方も多いことでしょう。
結婚出産などでライフプランが変わる事があります。
現在の契約内容とライフプランが適しているかを診断し、アドバイスを受けることもできます。

税理士/業務・メリット・節税 税法改正に伴う相談

税法は頻繁に変わるため、完全に内容把握するのは素人には困難なことです。
日々の業務で熟知していることはもちろんのこと、情報収集も税理士には必要な業務の1つのため、税法改正に伴う知識を常に持ち合わせています。
もちろん業務にすぐ実践できるよう勉強をかかさないという意欲的な税理士が多いので相談にのってくれます。